ウェディングフォトグラファーにオススメのウェブサイト作成サービス

うちの事業は、大きく分けてウェディングフォト事業とフォトスタジオ事業の二つがありますが、そのほとんどの集客をウェブで行っています。
プロにお願いしたスタジオのサイト以外、計7つのウェブサイトを僕は自分で作って自分で修正・更新しています。

 

こればっかりは、未だにスタッフに振っていない仕事です。
というのも、何かの間違いでサイトが消えてしまったり、検索に引っかからないような設定になってしまった場合に、年間何千万円という損失額になるからです。
今うちでウェブサイトなしに入ってくる仕事といえば、提携先の式場やプロデュース会社さんからの撮影のみで、それは全体の3割ほどに過ぎません。
もしウェブサイトが消えてしまったら、家賃や給料の支払いが滞ること間違いなしです(笑)いや、笑えません。。。

 

色んな仕事のやり方があると思いますが、うちのような小規模のチームや、完全一人のフリーランスの場合は、ウェブサイトにとにかく注力することをお勧めします。
ウェブサイトが勝手に営業してくれるのです。
これから結婚式を控えている新郎新婦さんはもちろんですが、他にも提携の話もくるし、式場広告の依頼も来ます。
多くのフォトグラファーがやってきた「ブックを作って営業」ということをする必要がありません。
向こうから依頼がくるから「仕事ください!」と言ってペコペコしなくていいですし、基本的に相手はこちらの作風を気に入って連絡してくれているので、自分の写真を好きな人とだけ付き合うことができます。

 

じゃあこれからウェブの学校に通って2年後にサイトを作り始めるのかというと、そんな馬鹿な話はないですよね。
昔はプロっぽいしっかりしたサイトを作るのが本当に大変でしたが、最近は便利なサービスがたくさんあります。その幾つかをご紹介します。

 

 

  1.  Squarespace

  2.  Ameba ownd

  3.  wordpress + prophoto

 

それでは、順番にご紹介していきます。

 

【 1. Squarespace 】


Squarespace(スクエアスペース)
http://www.squarespace.com

Squarespaceで作ったうちのサイト
http://www.kuppography.com/

どういうものかというと、あらかじめ用意されたウェブサイトのテンプレートの中から好きなものを選び、中身を自分のサービスの仕様に変えていくというもの。
一年契約で月額18ドル。テンプレートはどれも本当にかっこいい。しかもどれを選んでも追加料金はなしです。
ただ、英語のみなので、英語にアレルギーのある人には無理だと思います。。。

 

何がいいかというと、とにかく直感的でわかりやすい。
そしてデザインがいい!
カメラも同じですよね。小さいミラーレスもいいけど、あまりボタンが多すぎてメカメカしたものよりも、初めて触ってすぐ操作できるくらいの機材が好きじゃないですか、フォトグラファーって。
そして見た目ださいカメラは使いたくない。

 

どれだけ機能が優れていても、結局のところそのカメラを使いたいと思わないとダメなんですよね。
ウェブも同じで、どれだけ便利な機能が備わっていても、使うのが面倒臭いとかわかりにくいとかだと、絶対に更新しなくなります。
僕らはウェブを使い倒すのが本業ではないので、なるべく効率的にいいサイトを作る、ということが大事です。

 

それからSquarespaceはサーバーを別で借りる必要がありません。
なので、lolipopとかああいうところで契約する必要がないのです。
あと必要なのはドメインだけ。僕はドメインをムームードメインで借りています。

 

【 2. ameba ownd 】

2. Ameba Ownd(アメーバオウンド)
www.amebaownd.com

Ameba Owndで作ったうちのブログ
http://blog.kuppography.com/

 

これはアメブロで有名なサイバーエージェントのサービスですが、無料で簡単におしゃれなサイトやブログが作れます。
ただ、色々とググって調べてみると、どうもSEO対策が弱くて検索で上位になりにくいようです。
検索で上位に来ないとひたすら広告を出し続けるなど、将来的にしんどくなるかもしれないので、その判断は慎重にする必要があります。

 

こちらもSquarespaceと同じで、サーバーを別で借りる必要はないですね。
独自ドメインも当てることができます。

 

【 3. wordpress + prophoto 】

3. wordpress + prophoto
wordpress
pro.photo

 

ワードプレスは言わずもがなだと思いますが、pro.photoというのは、そのワードプレス用のカスタマイズサービスとでも言いましょうか。
これを入れることで、ワードプレスの何たるかを勉強する必要がなくなります。
デザインテンプレートはあるし、ページの作成なども直感的にできるようになります。
値段は199ドルで、こちらは月額制ではありません。
ただし、無料のデザインテンプレート以外のものを使いたい場合は、テンプレート購入ごとに支払いが発生します。
Squarespaceのように気軽な気持ちでデザインを変えにくいのは難点です。

 

また、ワードプレスが土台になっているので、lolipopなどでサーバーを借りて、ワードプレスを入れて、このprophotoを買って、というふうに幾つかのステップが必要になります。
僕は昔このprophotoを使っていましたが、Squarespaceを初めて触った時に感動して、すぐにSquarespaceに変えてしまいました。

 

他にも日本で有名なのは、wixBiNDなどでしょうか。あまり使ったことがないので比較はできませんが、英語ができる方はSquarespaceを使って後悔はないと思います。

 

【 その他の参考情報 】

参考情報として、スタジオのウェブサイトをゼロから作ってもらった時には、100万円かかりました。
知り合いということもあり、これでもかなり良心的にやってくれた方だと思います。
オリジナルで作る場合は、テンプレートにないようなこともできるので、そういう意味で自由度は高いです。
ただし、更新したい時にできないという面倒な点があったり、デザインや仕様を変えたいとなった時に追加費用が何万円という単位でかかるという問題があります。
なので、総合的に見ると、フリーのウェディングフォトグラファーが選ぶべきは、既存のサービスを利用して、おしゃれなテンプレートを選び、その中でなるべく自分がやりたいようにやっていくというスタイルだと僕は思います。

 

ちなみにSquarespaceでサイトを作る時は、写真素材や文章さえ用意していれば、一日でそれなりのサイトが出来上がってしまいますよ。

 

---
ウェディングフォトグラファー向けワークショップ開催 予約受付中

2017年1月31日(火)Creative Lighting by 折原 貴祥
2017年2月15日(水)Basic by 久保真人

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.masatokubo.com/overview/