> HOME > PRODUCE > CASE > VERの事例

VER / ヴェル

ver事例.jpg

今回のプロデュースは、ウェディングや学校写真を撮影するフォトグラファーの吉田さん。

営業ツールゼロからのスタートのため、ウェブサイト立ち上げからプロモーションまで、オンライン集客のほぼ全てに関わらせていただいています(プロデュース継続中)。

吉田さんのブランド「VER」のウェブサイト
http://www.ver7.me


お問い合わせの経緯

横浜を拠点に、ウェディングフォトや学校写真を撮影している吉田さんからのご依頼。以前からクッポグラフィーのことを知ってくださっていました。共通の知り合いを通して連絡があり、お話を聞くことに。

吉田さんは、ウェディングフォト撮影はもう何年も続けていてキャリアは長いですが、自身のブランドとして発信していたわけではなく、プロデュース会社に何社か入っている撮影会社の一つとして、仕事を受けていました。

しかし、これからは幅を広げて撮影をしていきたいということで自己集客の必要性を感じ、相談に来てくださいました。


プロデュース内容

吉田さんの場合、キャリアもあり、写真は撮れます。そのため細い撮影指導は行っていません。問題は、どうやって市場に出てお客さんを引っ張ってくれば良いかわからないということでした。

まず行ったことは、市場の解説です。現在、オンライン市場にはどのようなウェディングフォトグラファーがいて、どれくらいの価格帯で撮影されていることが多いのかなど、自分の立ち位置を知るための大切な確認作業を行いました。

そこから、新規参入としてそこに入っていくための価格設定や、プラン内容の相談などを実施します。

また、オンラインでの営業に欠かせないウェブサイトやSNSについては、一番時間をかけてアドバイスを行っています。立ち上げの時期や、更新内容・頻度、見せ方、構成など、本業の撮影業務に支障が出ないよう、もっとも効率良く問合せが入るように考慮しました。

ここで大切なのは、プロの業者に任せてやってもらうのではなく、自分でできるツールを使って、自分で更新できるようにすることです。コスト削減の意味もありますが「変更したいと思った時にできる」ことが大切だからです。また「自分の力で集客できた」という成功体験も、継続するために必要なことです。

吉田さんのウェブサイトは立ち上げから2か月が経ち、月2件ほどのペースではありますが着実に問合せが入るようになっています。

まだ現在進行形のプロデュースのため、これからの変化もこちらでアップデートしていきます。

吉田さんが制作したVERのウェブサイトはこちら


 

PRODUCE

お申し込みフォーム

過去の経歴や現在の状況、困っていること、今後目指していることなど、ご自由にお書きください。